トピックス

H24ジオパークガイド講座(第6回)

2012年09月11日

ジオパークガイド講座第6回を行いました。

日時:9月11日(火)
場所:遠山郷(中央構造線、御池山隕石クレーター、下栗の里、遠山川埋没林)
講師:坂本正夫氏(飯田市美術博物館専門研究員)
参加者:18人

9:00  飯田市美術博物館発
9:50  上村自治振興センター
10:20 程野(中央構造線の断層変位地形)
11:20 ハイランドシラビソ(御池山隕石クレーター展)
12:00 御池山隕石クレーター
12:30 はんば亭(昼食)
13:50 南信濃自治振興センター(埋没林展示)
14:25 かぐらの湯(とらふぐ)
14:50 遠山川埋没林

  伊那谷から中央構造線の谷へ入り、遠山谷の最初の休憩ポイント「程野」で南アルプス展望の看板を見ながら全体説明

 程野:中央構造線の活断層としての証拠。左後方から右後方へ河川は流れているが、以前の川の跡が右手前にある。中央構造線の横ずれで右半分が手前側へずれたために川がちょん切れてしまった。

 以前の河川のあと。(首なし川)

 しらびそ峠:南アルプス主稜線が展望できる。現在地と遠方に見える南アルプス主稜線との間には、仏像構造線に沿った深い谷ができている。

 ハイランドしらびそ(ホテル)

 ハイランドしらびそ(ホテル):御池山隕石クレーター展を実施している

 御池山隕石クレーター


 前方がクレーターの円形の半分(見た目で判断するのは難しい)

 下栗の里・はんば亭(昼食)


 天空そば定食:1000m付近の急斜面に存在するため朝晩の寒暖の差がありかおり 高い良質のそばがとれる


 南信濃自治振興センター・埋没林展示:年輪年代方で判明した714年に埋没したヒノキ。歴史書の地震の年代と一致している


 かぐらの湯:中央構造線上の塩泉

 塩泉を使ったとらふぐの養殖が行われている。(説明は山崎さん)

 遠山川埋没林(看板)

 遠山川埋没林:1300年のときを越えて土砂に埋もれたヒノキが現れた。




 

 
  • 地図から探そう「エリアマップ」
  • パンフレットダウンロード
お役立ちサイト
  • ガイド利用のご案内
  • 認定ガイド紹介
  • 学校での学習活動
  • ロゴマーク使用申請
  • ロゴマーク商品
  • ジオ4コママンガ
  • リンク
  • 日本ジオパーク南アルプス大会
  • 南アルプスユネスコエコパーク
  • 中央構造線博物館
  • 飯田市美術館
  • 遠山郷観光協会
  • 伊那市観光協会
  • 伊那市観光株式会社
  • 国立信州高遠青少年自然の家
  • 富士見町観光協会
  • 大鹿村観光協会
  • 南信州ナビ
  • 南信州観光公社
  • 日本ジオパークネットワーク
  • 日本ジオパーク委員会

Get ADOBE READER

PDFファイルをご利用いただくにはADOBE Reader(無料)が必要です。お持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。

RSSリーダーに登録して最新のイベント案内とトピックス情報を受信する事ができます。

  • 飯田市
  • 伊那市
  • 富士見町
  • 大鹿村