第5回日本ジオパーク全国大会 日本ジオパーク南アルプス大会

お知らせ

長衛祭が開催されました!

6月24日(土)北沢峠にて第59回長衛祭が開催されました。

南アルプスの開拓者「竹澤長衛」翁を偲び、登山が楽しく安全にできることを願いながら、参加者全員で長衛翁レリーフに献花を行いました。

長衛翁の愛した山を荒らす獣をこらしめる「成敗汁(イノシシ肉と鹿肉入り)」が振る舞われました。

伊那市の長谷小学校、南アルプス市の芦安小学校児童による歌、南アルプスカルテットによる弦楽四重奏の素晴らしい音色が祭に色を添えます。

この時期の北沢峠では、マイヅルソウ、クリンソウ、ゴゼンタチバナなどの可憐な花も観察できますよ!山に登らずとも、ぜひ、北沢峠を訪れてみてはいかがでしょうか。

第二回ジオパークガイド養成講座が開催されました!

日時 平成29年6月9日(金)午前9時から午後15時半

講師 小澤亮氏(国立信州高遠青少年自然の家 事業推進部長)

参加者 養成講座受講生(一般受講生8名、高遠高校生13名)

板山露頭展望台で、中央構造線が作った谷と、中央構造線両側の地質の違いによる地形の違いを学びました。

守屋山で、砂岩と泥岩の互層を見学しました。

杖突峠の峠の茶屋展望台にて、中央構造線と交わる糸魚川静岡構造線と諏訪湖のでき方について学んでいます。

千代田湖周辺で、蛇の模様に似た見た目の蛇紋岩、ろうそくのようにすべすべしたロー石、大きな石英を採取しました。

残念ながら見つかりませんでしたが、砂金探し体験もしました!

国立信州高遠青少年自然の家にて採取した岩石の標本作り。皆さん真剣に取り組んでいます。

講師を務めて下さった小澤先生ありがとうございました!

「秋葉古道の中央構造線を歩こう!」が開催されました

6月10日(土)に、大鹿村中央構造線主催のイベント「秋葉古道の中央構造線を歩こう!」が開催されました。

午前中は快適な天候の下、ウォーキングをしました。途中、城の腰露頭や断層鞍部に寄りました。午後は安康露頭に行きました。

城の腰露頭

引の田のかんらん岩の石垣

引の田断層鞍部

安康露頭

遠山郷のジオパーク・エコパークPR本が出版されました

飯田市美術博物館専門研究員の坂本正夫さんが中心となり、飯田市遠山郷のジオパーク・エコパークをPRするための本が出版されました。

遠山郷のジオの見どころやエコの見どころが詳細に説明されていますが、図や写真が多く盛り込まれているため、視覚的に分かりやすいような内容になっています。また、どのサイトにも地図がついているので、本を片手に、気になったサイトにも実際行くことができます。

 

値段:一冊1,470円 問い合わせ:飯田市美術博物館 0265-22-8118

ジオパークガイド養成講座第一回が開催されました

日時 2017年5月30日 午前9時10分から正午

会場 伊那市役所 5階502会議室

参加者 一般受講生8名、高遠高校13名、認定ガイド3名、引率・事務局3名

第一回は、座学で南アルプスジオパーク、ユネスコエコパークの基礎について学びました。

前半:「ジオパーク基礎」

飯田市美術博物館専門研究員の坂本正夫先生に「南アルプスの基礎と魅力」というテーマで、南アルプスジオパークの活動や、ガイドとしての基礎や心得を分かりやすくお話しいただきました。

後半:「ユネスコエコパーク基礎」

山梨県南アルプス市ユネスコエコパーク推進室の若松伸彦先生に、「ユネスコエコパークとは」から始まり、「ユネスコエコパークの活動」について、分かりやすくお話しいただきました。

 

講師を務めてくださった先生方、ありがとうございました。

日本地球惑星科学連合2017年大会に参加しました

日本地球惑星科学連合2017年大会に参加しました。

参加日程:2017(平成29)年5月20日から22日

場所:幕張メッセ

5月20日には、南アルプスジオパークウェブサイトリニューアルについてや、藤井前専門員の作成したジオパーク4コママンガ冊子の内容を、ジオパークセッションでポスター発表し、見に来てくれたお客さまや全国のジオパーク関係者と意見を交換しました。

また、5月22日には、日本ジオパークネットワーク全国研修会に参加し、「ジオパークの持続可能な地域社会づくりとは?また、その教育とは?」という内容で、全国のジオパーク関係者とワークショップを行い、議論を深めました。

ジオパークガイド総会が開催されました

2017年4月22日(日)13:00~16:00に認定ガイド会2017年度第一回総会が大鹿村交流センターにて開催されました。

【内容】

・会長あいさつ

・伊那市担当者からの報告事項・連絡事項

・大鹿村中央構造線博物館学芸員の河本和朗さんの講演「ジオサイトをまとめてみると見えるもの」

・新会員自己紹介

・協議事項

・その他

 

ガイド養成講座、ならびに、認定ガイドのスキルアップ勉強会について活発な意見が出されました。

第3回ジオパーク写真展開催中です

4月22日から、伊那図書館にて中谷勝明さんによるジオパーク写真展が開催されています。

一昨年の山陰海岸ジオパーク、昨年の隠岐ジオパークに続き、第3回の今年は糸魚川ジオパークです。四季、お祭り、山、花など、糸魚川ジオパークの様々な表情がご覧になれます。写真展の会期、場所など詳細はこちらをご覧ください。

自然講演会「ジオパークによる地域社会づくり」が開催されました

日時 2017年4月16日 午後2時から午後3時45分

場所 飯田市美術博物館 2階講堂

参加者 約50名

伊那谷自然友の会総会記念講演会「ジオパークによる地域社会づくりー糸魚川ジオパークの試行錯誤の歩みからー」が開催され、新潟県糸魚川市のフォッサマグナミュージアム学芸員、竹之内 耕さまからお話をうかがいました。糸魚川ジオパークの紹介から、教育活動や特産のヒスイの保護などについて、たいへんためになる講演でした。竹之内さま、ありがとうございました。

講演会「ジオパークってなんだろう」が開催されました

日時 2017年3月25日(土) 14時~16時

会場 大鹿村交流センター 大広間

主催 大鹿村中央構造線博物館

講師 藤井利衣子さん (南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク専門員)

 

ジオパークってなんだろう?何がいいの?ということから、

実際の南アルプス(中央構造線エリア)ジオパークの取り組みについてまで

分かりやすくご説明いただき、ジオパークを身近に感じることができました。

講師の藤井さん、ありがとうございました。