第5回日本ジオパーク全国大会 日本ジオパーク南アルプス大会

お知らせ

ジオ博士と構造くん 59

59 ビューポイント紹介(7) 高遠町五郎山から仙丈ヶ岳

(無断転載しないでください)

←前の話「58 ビューポイント紹介(6) 遠山郷押出から夜川瀬」に戻る

最初の話「1 ジオパークって何?」から見る

「ジオ博士と構造くん」目次へ

第21回伊那谷自然史発表会が開催されました

日時 2017年3月19日 午後1時30分から5時
会場 飯田市美術博物館2階講堂
共同開催 伊那谷自然友の会

伊那谷の自然について調べたり・見つけたり・体験したことなどを交流しあう場で、12件のポスター発表がありました。また、今回は特別企画として「思い出の山道具」も展示されました。

展示した「思い出の山道具」を説明

 

南アルプスジオパークに関連した3件のポスター発表(伊那市の取組み、遠山郷エリアの紹介、ジオパーク8年の歩み)がありました。

ガイド研修を開催しました

日時 2017年3月2日(木) 午前9時15分から午後5時

   2017年3月3日(金) 午前9時15分から午後12時30分

会場 伊那市創造館3階 講堂

講師 楠部真也氏(株式会社ピッキオ マーケティングディレクター/取締役)

参加者 約20名

環境省「エコツーリズム推進アドバイザー派遣事業」を利用して外部から講師を招き、ガイド研修を開催しました。

1日目の午前中の1コマ目は講義「自然ガイドの現状とガイドに必要な資質について」で、海外のガイド事情や持続可能なエコツーリズムについて知り、2コマ目は午後の実習につながる「ガイドプログラムの企画、売り方」を学びました。

 

午後からはグループに分かれ、ツアーコースを作成しました。

 

作成したツアーコースを発表し、どうすれば売れるかについて講評をいただきました。

 

2日目は「現場から見た日本のエコツーリズム」「地域に自然型観光を定着させるには」の2コマの座学で、自然資源の他に必要なものは何か、などについて学びました。

 

大変有意義な研修となりました。講師の楠部さん、ありがとうございました。

南アルプスライチョウサポーター養成講座が開催されました

日時 2017年3月4日 午後2時から4時

会場 伊那市役所 5階 501,502会議室

参加者 約120名

以下の3つの講演がありました。

南アルプスの魅力 ユネスコエコパーク・ジオパーク(南アルプスジオパーク専門員 藤井利衣子)

ライチョウとは? ライチョウを守るために(環境省長野自然環境事務所自然保護官 福田真氏)

長野県ライチョウサポーターズの取組み(長野県自然保護課 畑中健一郎氏)

 

関東や関西など遠方からの参加者もみえ、皆さん真剣に講師の話に耳を傾けていらっしゃいました。ライチョウを守るため、登山の際にライチョウを目撃されたら情報をお寄せください。

 

今回定員オーバーで申込みをお断りした方には申し訳ありませんでした。来年度も開催予定ですので、そのときはぜひご参加ください。

トンネル工事現場見学会で蛇紋岩を観察しました

日時 2017年2月26日 午前10時からと午後2時から

参加者 午前の部約60名、午後の部約15名

現在、伊那市長谷鷹岩地籍に新しくトンネルを建設中です。その工事現場見学会の冒頭で、ジオパークや付近の地質についてジオパーク専門員から説明をさせていただきました。

この付近は南北に細長く縞状に異なる地質が分布し、狭い範囲でさまざまな岩石を観察することができます。今トンネルを掘り進めているのは蛇紋岩地帯です。

工事の最中に出た蛇紋岩を、実際に手にとって観察しました。

近くに既にあるトンネルより、ずっと大きなトンネルができるようです。

地面の断面が見える場所でも蛇紋岩が観察できました。

 

参加くださった皆さま、蛇紋岩を用意くださった工事関係者の皆さま、見学会主催者の皆さま、ありがとうございました。

第17回三峰川フォーラムが開催されました

日時 2017年2月25日 午後1時30分から午後4時

会場 高遠城址公園内 高遠閣

参加者 約30名

テーマ「三峰川と水源の森」

基調講演

「三峰川の水源の国有林について」

谷澤功志氏(中部森林管理局 南信森林管理署 森林技術指導官)

国有林での間伐やニホンジカの被害対策についてお話しくださいました。

 

トークセッション

「水源の森づくりについて」森 敏彦氏(上伊那森林組合 参事)

 

「市民団体の森づくりについて」

稲辺謙次郎氏(NPO法人伊那谷森と人を結ぶ協議会 代表)

 

最後に意見交換会が行われました。

ジオ博士と構造くん 55

55 東三河にもMTLが

(無断転載しないでください)

「どこかで読んだような話だ」と思われた方は第47話をご覧ください。

東三河ジオパーク構想(クリックで外部サイトへ)

←前の話「54 ビューポイント紹介(3) 長谷市野瀬から塩見岳」に戻る

次の話「56 ビューポイント紹介(4) 大鹿村旧小渋橋から赤石岳」へ→

最初の話「1 ジオパークって何?」から見る

「ジオ博士と構造くん」目次へ