見どころ紹介

中央構造線

-大地が大きく動いたあと-

 中央構造線の両側には、領家変成帯と三波川変成帯があります。領家変成帯は、大陸内の火山帯の地下15kmほどでできました。三波川変成帯は、海洋プレートが沈み込んでいった地下50kmほどのところでできました。領家変成帯と三波川変成帯ができたところの間は100km以上も離れていました。この2つが中央構造線によってずらされてきて、接するようになりました。しかし、具体的にどのようにしてずらされてきたのかは、まだよくわかっていない大きな謎で、研究課題になっています。






図:大鹿村中央構造線博物館の展示パネル(松島信幸原図)をもとに作成
















 中央構造線より大陸側を内帯、それに対し、中央構造線より海洋側は、外帯と呼びます。

詳しく読む

中心施設

 南アルプス(中央構造線エリア)ジオパークを学べる中心施設で学習してみましょう。

詳しく読む

小黒川沿いの戸台層

-アンモナイトやサンカクガイの化石-

 南アルプスの三波川変成帯と秩父帯の間には戸台構造線があって、この構造線に沿って白亜紀(約1億2千万年前)の浅い海にいたアンモナイトやサンカクガイなどの動物やシダ植物の化石が出る戸台層があります。その頃すんでいた動物や植物が、岩石に閉じ込められて化石になりました。ここで見られるアンモナイトはどれもつぶれたり変形したりしています。これは化石が含まれる地層全体が地下深くにあったときに押しつぶされたことを物語っています。

 

詳しく読む

南アルプス横断ルートⅠ

-南アルプスジオライン-






図:ジオラインガイドマップ
 伊那市長谷黒河内の仙流荘から南アルプス北部の北澤峠まで、夏の時期を中心に南アルプス林道バスが走っています。出発地の仙流荘は標高860m、終点の北沢峠は標高2032mなので、標高差は1170mほどです。バスは三峰川の支流黒川に沿って走り、戸台大橋からは戸台川沿いにつけられた南アルプス林道(専用林道)をゆっくり走ります。南アルプス地域では、地層が南北方向に分布しているので、東西方向に横断するこの林道バスでは、さまざまな地質を観察することができます。
 バスは戸台構造線、仏像構造線を通過していきます。短距離で3つの地質帯を行き来できる日本でも特殊な場所です。

南アルプス林道バス時刻表・運賃

 

 

 

南アルプス林道を走る林道バス 後ろは甲斐(東)駒ケ岳

詳しく読む

南アルプス横断ルートⅡ

-鳥倉林道~塩見岳-
 






図:鳥倉林道~塩見岳ガイドマップ
 大鹿村の鳥倉林道は、村の中心部から夕立神展望台を通って標高1770mの鳥倉登山口まで通じています。夏には登山バスが運行されています。一般車はイヌワシ保護のため、林道終点の約3km手前の駐車場で通行止めになります。鳥倉登山口からは三伏峠を通って塩見岳まで登山道があります。
 このルートでは付加体のすべての種類の岩石を見ることができます。

詳しく読む

遠山大地変と埋没林

-遠山川に出現した大地震の証拠-


図:埋没林ができるまで  寺岡義治ほか「遠山川の埋没林」をもとに作成

 飯田市南信濃(遠山地方)では、714年と1718年の過去2回、大きな地震がおこり、山が崩れて遠山川がせき止められました。特に714年の地震は規模が大きく現在でもその爪跡を数多く目にすることができます。その中の一つに埋没林があります。

 714年の地震では
①大きな地震がおきた。
②遠山川に流れ込む池口川沿いの山が崩れた。
③池口川と遠山川がせき止められた。この時遠山川沿いにあった木々は、せき止められた湖に沈み、流れてきた土砂に埋まって埋没林になった。
④その後、せき止められた湖が決壊して洪水がおき、天竜川の下流域で大きな災害がおきた。

 これら一連の出来事は、遠山大地変と名づけれました。
 埋没林の木の年輪からこの時の年代が調べられ、歴史書に記録された災害の歴史とほぼ一致しました。歴史書を年輪により検証した日本で一番古い事件です。

詳しく読む

秋葉街道と法華道

-人々が往き来した古道-

 
中央構造線の谷(写真提供:中川和之 日本ジオパーク委員会委員)

 中央構造線の谷は、縄文時代より交通路として利用されてきました。断層部分は地質がもろく、侵食で削られてまっすぐな谷となっていて、人々の往来がしやすいためです。
 秋葉街道は長野県諏訪地方から静岡県相良地方まで中央構造線に沿って延びる道です。
 法華道は、秋葉街道が通る伊那市長谷大明神から分かれて、入笠山を通って富士見町まで延びる道です。

詳しく読む

入笠山

入笠湿原

南アルプスの北端に位置する入笠山(1,955m)の山頂は、360度の大パノラマ。足元には緑色岩、眼下には日本を横断する糸魚川-静岡構造線、八ヶ岳からの韮崎岩砕流の痕跡などが観察できます。入笠山山麓にある入笠湿原(1,730m)は、春から秋にかけて百数十種類の山野草が咲き誇り、日本スズランの群生が見事。大阿原湿原(1,810m)はチャートの巨岩が転がり、この湿原を源流とするテイ沢は、コケと清流が美しい散策路になっています。

詳しく読む

歴史文化の見どころ

エリア内には、歴史文化の見どころもあります。歴史文化と大地とのかかわりを感じてみましょう。

詳しく読む

  • 地図から探そう「エリアマップ」
  • パンフレットダウンロード
お役立ちサイト
  • ガイド利用のご案内
  • 認定ガイド紹介
  • 学校での学習活動
  • ロゴマーク使用申請
  • ロゴマーク商品
  • ジオ4コママンガ
  • リンク
  • 日本ジオパーク南アルプス大会
  • 南アルプスユネスコエコパーク
  • 中央構造線博物館
  • 飯田市美術館
  • 遠山郷観光協会
  • 伊那市観光協会
  • 伊那市観光株式会社
  • 国立信州高遠青少年自然の家
  • 富士見町観光協会
  • 大鹿村観光協会
  • 南信州ナビ
  • 南信州観光公社
  • 日本ジオパークネットワーク
  • 日本ジオパーク委員会

Get ADOBE READER

PDFファイルをご利用いただくにはADOBE Reader(無料)が必要です。お持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。

RSSリーダーに登録して最新のイベント案内とトピックス情報を受信する事ができます。

  • 飯田市
  • 伊那市
  • 富士見町
  • 大鹿村